ニキビ跡を目立たないように治療する生活改善

医師からアドバイス頂いて食生活からの見直し

まだ完全な回復ではないものの、前向きに状態は良くなっていますし、今後も改善の余地は十分にあると考えられます。 医学的であったり、ケミカルな方法の改善は行えていますが、内面からの改善は遅れている事が現状です。 最近は食生活の見直しを始めとして、良質な睡眠時間の確保、運動習慣の身につけも改善メニューに採り入れています。 今までの食生活は、食べられれば何でも良いと考えたり、栄養や成分表に注目する事はあまりありませんでした。 一方、医者から肌の回復には複数の取り組みが不可欠だと聞かされたので、重要性を理解して生活の改善を考えるようになりました。 肉や油中心の食事は、新鮮な野菜や魚をメインに変えて、甘い飲み物は100%フレッシュな果物ジュースに置き換えています。 人は体を動かさなくても、水分が蒸発して喉は渇きますが、体の底から水を欲する状況が重要と考えて、今では汗をかく運動に取り組み始めています。 運動自体は軽いものですが、有酸素運動で体を活性化させたり、肌の回復を助ける血流の改善を重視している点がポイントです。 汗をかいた後は勿論、クールダウンと洗顔を行い、肌を傷める酸性化する顔の汚れを取り除いています。 洗顔時の注意点は、担当医からもアドバイスされた通り、摩擦で汚れを落とそうとしない事が挙げられます。 スクラブ入の洗浄剤は厳禁で、皮脂を摂り過ぎる強力な製品にも注意が必要です。



綺麗になった顔にちょっと神経質になりそうです。 美容皮膚科でレーザー治療で改善